毒を溜めない

アトピーを良くする4原則のうち、2番目に重要な原則が、「2.これ以上毒を溜めない」です。

体に毒がかなり溜まってくると命が危険になります。

そうならないために、体質的にアトピーになることができる人はアトピーという状態になって体を守るため一生懸命に皮膚から毒を排出しています。

 

これがアトピーと呼ばれる状態です。

 

毒を頑張って排出しているのですから、さらに毒が増えてしまうと元の木阿弥です。

毒の供給源は自然の摂理に反する食生活や、洗剤などの経皮毒などですから、これを避けることが非常に大切です。

詳しくは小冊子で

詳しくは、無償で配布している「小冊子 Ver. 1」と、「小冊子 Ver 2」をご覧ください。