直漢法

『直漢法』とは、右のロゴのように、「直観的漢方薬選択法」を省略したものです。

 

そして、直漢法は、 「みなさん自身が、みなさんに効く漢方薬を選択できるようにした方法」です。

 

 長い長い漢方薬の歴史の中でも、そんな夢のような方法の報告はなく、初めての手法だと思います。

 

直漢法は可能か?

「漢方薬はかなり難しいので、そんなことできるはずがない」

漢方薬の専門の方ならば、きっとこう仰るでしょう。

 

確かに、漢方薬は奥が深く、習得まではかなりの時間と経験が必要です。

また、詳しく教えてくれる「師」も必要でしょう。

 

直漢法を開発したぼく自身、以前はそう思っていました。

ですが、少しでも東洋医学の叡智を、医師だけではなく、一般の方のお役に立つことができたら、と思い直漢法を開発しました。

そして、臨床現場で実際に使用してみたところ、驚くほどの良い結果が得られました。

 

ですから、この直漢法を、公表することにしました。

 

直漢法の有効性に対する医学論文

内服治療や外用剤、局所注射など、外来で一般的に行われる治療法が有効でない難治症例に対して、漢法通常法(医師が患者を診察し、証を判定し、証に対応する漢方薬を選択し治療する方法)の治療効果を比較しました。

 

結果、直漢法通常法の治療成績には統計学的に有意差がなく同程度でした。

 つまり、一般に行われている治療法である通常法と同程度に直漢法が有効であるということになります。

 

さらに、漢方薬を選択してから症状が改善するまでの期間は、通常法より直漢法が有意に短く、より早く治療効果をあげることができることがわかりました

 

益子竜弥ほか 北海道整形災害外科学会誌、57巻、2015

 

つまり、直漢法は、一般的に治療が難しい状態である難治性症例に対し、通常法と同等の治療効果があることに加え、より短い期間で治療効果をあげることができる、という結果になり、極めて画期的な漢方薬の治療方法であることが示されたことになります。

 

直漢法の学会発表

直漢法は、以下の3つの学会・学術集会で発表しています。

 

1 平成27年2月1日 第128回北海道整形災害外科学会 

2 平成27年7月11日 第28回日本疼痛漢方研究会学術集会 

3 平成27年7月25日 日本ペインクリニック学会第49回大会 

 

直漢法の学術報告

1.益子竜弥ほか 北海道整形災害外科学会誌、57巻、2015

 

ほかに2編が、投稿中です。

 

直漢法のダウンロード

直漢法は、『直漢法 ~自分で観て治す方法~』からダウンロードすることができます。

是非、ご覧ください。